スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すきま

楽器を弾いたり吹いたりするときってひじょうに「呼吸」が大切で
特に誰かと演奏するときは呼吸が合図だったりするわけです。

私はサックスという、わりとでかめの楽器を吹くことが多く
それが大好きです。

サックスを吹くことの魅力というか
サックスを吹いていて好きなことがあって
楽器から直にビリビリと「鳴ってる」ことが感じられることとか
ひとの声に近い音域で、歌うみたいに自分の意思を表現してくれることとか
いろいろあるんだけど。

いちばん好きなのは、呼吸と呼吸の「すきま」。

息を吸って、吐き出すまでのすきま
吐き出してから、音が出るまでのすきま。

それを感じる瞬間が好き。
それを余裕を持って感じられるようになるまで時間はかかったけどw
そしてまだまだだけどw
指動かしてばっかりの曲ではままならないけど!w


ブログでもそうだし、本でもそうだし、楽譜でもそうだけど
行間や休符にもちゃんと意味があると思っていて
それと同じように、私は「すきま」にも意味がちゃんとあると思っている。

だから、そのとても短い時間
自分が息を吸って、吐き出して、音になるまでのその一瞬に
一番耳を澄ますようにしている。
そしてそれをとても大切に思っている。

それは、空気の温度を聴くこと。
聴いてくれる誰かの気持ちを聴くこと。
自分の声を聴くことで、楽器の音を聴くこと。

すきまを意識すると、これだけたくさんのことが聴こえる気がするし
その分だけいろんなことを音に乗せられる気がする。

一緒にいる時間が長い分、私はそれをアルトで一番強く意識できるし
アルト(というかボブ)が一番応えてくれる。

上にも書いたけど、すきまを感じるにはあまりに速くて運指が大変な曲は難しいので。
これが私のダメなところだけどもw
ゆったりした曲を吹くことが好きな理由もこの「すきま」にある。



この「すきま」はいろんなことに共通すると思う。

形や言葉で表現しきれないものや気持ちや
なんやらかんやら
その、いろんな「すきま」に乗せられるといいなと思う。
それだけですべてを伝えることは難しいけど。




行間、休符、沈黙

途絶えたとしても、途絶えない。
こころの中に息づくもの。
大切なものはほんとうには途絶えない。
それは、一瞬の永遠
永遠の一瞬。

そんな風に感じる。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

*profile*

アサミ

Author:アサミ
*love*
music/books/haruichi SHINDOU

*category archive*
*coments*
*monthly archive*
*counter*
*rink*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。