スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法の薬

昨日、友達と
「彼を手に入れることが出来る薬があったら、自分の何を差し出すか」
みたいな話になりました。
リトルマーメイド理論。
または等価交換の原則。



私は、「音楽の才能」と答えました。

そもそも私には、差し出すものなんてなんにもないのだけど。
捻り出すなら、こうなる。



さっき、とある吹奏楽団の見学に行って
練習に参加させて頂いてきました。


あれを手に入れるかわりに
これを失うのかぁ
と思うと

なんとも言えない微妙な気持ちになりますw
(でも、あれがいらないとは一切思わないw)



中途半端な、ちっちゃい才能だけど
私の半分は音楽だから
持っていかれるのは、つらい。


もし才能を持っていかれるなら
音楽の経験と過去と
音楽をしているときのあの心情を一緒に持っていって欲しい。
音楽を「何にも代えられない私の大切なものの一つ」と感じるこの心を。



楽譜と向き合って
楽器を抱えて
大きく息を吸い込んで
音を創る。奏でる。

その瞬間
私は無でいられる。
音楽のことだけを考える。

ちょっとでも違うことを考えると
私の恋人はすぐに機嫌を損ねるから
余計なことを考えた瞬間
迷った瞬間
私の音楽は破綻する。

だから、音楽のことしか考えない。


それは私の
居場所であり
癒しであり
活力であり
私自身であり
逃げ場でもある。




私を助けてくれるのはいつだって
友達と音楽と言葉だ。

私を慰めてくれるのも
奮い立たせてくれるのも。



この記憶と経験が、私の内側に存在する限り
どれが欠けても私は私ではなくなって
私は生きれなくなる。



渡すなら心ごと。



だけど私は欲張りでわがままだから
どれも差し出すことなく手に入れたいの。


私の気持ちを音楽にして届けたいと描きながら
いつでも音を奏でているから。


どれを失っても完成しないから
全部私に。






じゃあ対価に、私は何を差し出そう。

惜しみない努力と
自分の心のひとかけらを。






つまり何が言いたいかというと
楽団に入団しました。
ということですwwww
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

No title

まぁ、大丈夫だ。なんというか、大丈夫だ。
「忘れられるなら~」→「手に入れられるなら~」に変えられた時点でぜんぜん大丈夫。
言い出した時は心配と思い、こんな質問を投げかけたが、安心したもん。
ちなみに、才能だけだからねwww

No title

ちょっとちょっと~~!!
詳しく話聞かせていただきますからね!
*profile*

アサミ

Author:アサミ
*love*
music/books/haruichi SHINDOU

*category archive*
*coments*
*monthly archive*
*counter*
*rink*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。