スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうして

言わせられなかった。

もう会わないとまで言ってしまった。



いつも通り「愛し合って」
いつも通りの話になって
いつも通り私は泣いて
いつも通り答えは出なくて
いつも通り優しくてわがままな私と
いつも通り自分勝手で都合のいい彼。



思い出したらまた涙が出てきた。

でも本当はいつも通りなんかじゃなかった。



せっかく引っ越してきたのに。
この部屋でもあの人。
しばらくは帰ってくるたび
昨日のことを思い出して私は泣くと思う。



心にもないこと
口に出すのはつらい。
もう会わない
やめる
要らない
自分で口にする度、涙が溢れた。

そんなの嘘だよ。
会いたい
やめたくない
欲しい
言えないから、正反対のこと言ったんだもん。

自分をごまかしたくて
自分を振り切りたくて
そう言うしかないから
そう言えば振り切れる気がしたから。

全然だめだった。
そんなことはじめからわかってたけど。

だって好きなんだもん。
どうしても好きだから。




私が一番聞きたくない単語を言わないでくれるようになったのはいつからだろう。


好きと言われなかった。
好きじゃないとも言われなかった。
好きになれないとも
好きにならないとも。

わからないって言った。


「そういう」好きじゃないなら、何なんだろう。


ずっと会いたかったことをわかってくれてたのは
好きと言われてもやめてと言わなかったのは




今日は電気つけて寝る。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

*profile*

アサミ

Author:アサミ
*love*
music/books/haruichi SHINDOU

*category archive*
*coments*
*monthly archive*
*counter*
*rink*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。