スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のオアシスは。

ずっとこんなふうに
猜疑心に支配されて
不信感ばかり募って
敵に囲まれたみたいな気持ちで過ごしてたんだね。
怖かっただろうな。
だって私は、今とても、怖い。
つらかっただろうな。
怖くない、つらくないと、あなたは言うだろうけど。





仕掛けられる罠にかからないように、慎重に慎重に謀る。
測れなかった距離を測り直して、今頃、昔みたいに遠くなる。

だけどそんなことしてみたって
心が近くなるだけだったりして。



唯一のオアシスだったのに、そこから離れなきゃいけない、今の気持ちを教えて。

心だけはもっと近くに来て。
私にはほんとのこと言って。
私だけはずっと信じていて。
どんなに人が信じられなくなっても。




私が守りたいのは、彼。
彼が守りたいのは、自分。

だけどそんなことはどうだっていいの。
誰に何て言われても
私が守るのは、彼だけ。
それは絶対に揺るがないの。
だから私は、どんな罠にも掛からない。

彼は、そういう私を誰より知っていて、わかっている。

だから約束なんてしない。
秘密を守る約束なんて、いらない。




お互いがいるからここにいられるんだろう。
遠くても、近くにいるから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

*profile*

アサミ

Author:アサミ
*love*
music/books/haruichi SHINDOU

*category archive*
*coments*
*monthly archive*
*counter*
*rink*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。