スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カオスな吐露なので苦手な人注意。

朝起きてから
シャワーを浴びても
化粧をしていても
ご飯を食べていても
車を運転していても
溺れてしまうほどの音楽を聴いていても
本を読んでいても
寝るまで
ひどい時には夢でも

同じことしか考えられなくて
私はどうかしてしまったのだろうと思う。
それはひどく幸せでひどく苦しい。
自信があるのに自信がない。
とんでもない矛盾。




自分は最低だと思う。
人を悪く言う資格なんかなかった。
人を貶て自分を擁護して
自分の心を正当化しようとして。


自分で自分がわからない。
どうしてこうなったの。
自分には決して出来ないと思っていたことをしたの。
最初から惹かれてた?
寂しかった?
わかんない。



寂しいからって人を裏切れる人間だったの?


だとしたら、そんな私を好きになってもらえるの?




人を傷付けてまで自分が幸せになろうなんて許されるの?
自分がしたことはいつか、返ってくるの?
だとしたら、この先にあるのは絶望



でも、それでも好き。
どうしても好き。
何も知らないくせに、好きなんて気持ちは幻想だ、と思われても。

理由は見つけられない。
弱いからじゃない。
助けたいからじゃない。

散々、かっこつけていろんなこと言ったけど
本当は、私に人を助けることができる力なんてない。

私だってこんなに溺れてる。
助けて欲しいのは私も同じ。
自己嫌悪と黒い塊に潰されそう。
その手で掴んで欲しくて、腕を伸ばしたのは私。

一緒に溺れてもいいから、その心の隣にいたいと願うのは間違っていますか。


どうしたら信じてくれるの
どうしたら触れさせてくれるの
どうしたら私の手を掴んでくれるの
どうしたら助けて欲しいと思ってくれるの
どうしたら好きになってくれるの


わからなくても
今、どんなに可能性を否定されても
それでもいい。好き。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

*profile*

アサミ

Author:アサミ
*love*
music/books/haruichi SHINDOU

*category archive*
*coments*
*monthly archive*
*counter*
*rink*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。