スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失うこと

昨日の話。


いつもみたいに恋人の運転する車の助手席に乗っている私。
いつもみたいに右手だけでハンドルを持って運転してる恋人。

突然彼が、私が一番好きな、うれしそうな照れたような表情で
「彼女できた」
って言った。



唖然。



私はしばらく状況が理解できず放心状態。

やっとの思いで口を開いて出た言葉が
「どこの人なの?」
だった。


「学校の人」って言われて、「そんな人いたんだ」って答える私。
「うん、ちょっと」とうれしそうに答える彼。


「何て言われたの?」って聞いたら
「『私はあなた(←彼の名前)が好きなの!って」と言われて

「それで?」って聞いたら
「付き合うことにした」って、やっぱり私の一番好きな顔で言われた。



ほんと、嘘みたいで実感が全然湧かなかったんだけど、だんだん血の気が引いてきて
慌てて空いてる彼の左手を、両手で握って「嘘でしょ?なんで?どうして?」って喚いた。

今まで彼と一緒にいた時間というか、思い出というか、記憶というか
そんなものが全部ほんとに走馬灯みたいに頭をよぎって
もう今までみたいに、あんなふうに、こんなふうに一緒にいられないの?って思った。
というか、私たち付き合ってたんだよね?って思った。
もしかしたら、今までの幸せだった時間は全部夢だったのかなって。嘘だったのかなって。

何も言わないで前を見てただひたすら車を走らせてる彼に「たくさんわがまま言ってごめんね」って言いながら
自分の気持ちを上手に言葉にできなくなって、でもなんとか口に出しながら
「好き」って言いながら
たぶん私は泣いてたと思う。
思い出せない。思い出したくもない。































目が覚めてから速攻で恋人に電話してしまいました。

あ、今までの話は夢の話でしたー(゚∀゚)

こんな夢はもう二度と見たくないです。
夢であってもこんなことは嫌です。

目覚めが最悪でした(´・ω・`)
楽しい夢見たい(´・ω・`)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

うぉぉぉおい

釣りか(゜∀゜)?

ぇ、やぱまじ(゜д゜;)?



アーサー心配したよアーサー(´:ω;`)

ごめんw

心配してくれてありがとう(´;ω;`)
*profile*

アサミ

Author:アサミ
*love*
music/books/haruichi SHINDOU

*category archive*
*coments*
*monthly archive*
*counter*
*rink*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。