スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no title

もう消えたい
私は助けてもらいたいのに
どうして自分が嫌だからなんて勝手な理由で
勝手に私を産んで勝手に離婚して
勝手な理由で、離婚の原因も父親が誰かも教えてもらえなくて
私のお父さんなのに、私には知る権利も会う権利もあるのに
私が困ってるのに
私が助けてほしいのに
ずっとずっと会いたかったのにどうして許してもらえないの
あなたが助けてくれないから、私はお父さんに助けてほしいだけなのに
許されないなんてそんなのおかしい
スポンサーサイト

no title

不安定。

泣きたいのに泣けなくなった
余計に苦しい

吐き出して楽になりたい
涙も出ないなんて


私をかえして
ほんとの私をかえして

一言で言えば

胸糞悪い。


一言以上で、表現する価値もないくらいに。

ゆる

ゆるゆる、ぐだぐだ
ぼんやり、あいまい

なんとなく、あったかくていいと思ってるけど。

同じように思ってくれていればいい。

すべてを誰かのせいにできるなら

今まで感じてきた思いがあって
それはとてもネガティブな感情で
それが今の私をとても不安定にしていて
その感情が、今でさえ生まれてくる原因を要因を責任を
誰かに半分押し付けてもいいとすれば
去年の今頃、一緒にいたあの人のせいにしたいと
本気で思ってしまう。


だって、だって
どんな些細な言葉も小さな仕草も
そんなことないってわかってるのに本当にわかってるのに
あの日々のことを思うと
すべてに私を否定する意味が込められているんじゃないかと怖くなって
突然私の前からいなくなるんじゃないかと怖くなってしまう。

私は臆病者だ。
こんなに信じたいのに
自分より大切なひとを
状況を
何より、自分自身を
全然信じられない。



それは、かたちがないせいじゃない。
肩書きがないからじゃない。
約束をしてないからじゃない。

それらを求め合わないことは、
私たちが臆病で、傷つきたくないから、踏み出せなくて
でもそれだけじゃなくて
少なくとも私は、そんな簡単な言葉や立場でお互いを縛ることに意味はないと思っていて
だって明日のことさえわからないんだから
どんなに未来を約束したって、終わることはあるんだから
そういうかたちじゃなくて、見えないこころで繋がっていたくて
信じ合いたいと、本気で思っているから。



バカみたいに見える?
意味のないことに思える?
言い訳に聞こえる?



誰に、どんな風に思われても
でもこれが真実だ。
私たちの、私の真実。


だから私はこのままの私ではいたくない。いられない。
だって苦しいだけなんだよ、ほかの誰でもない、自分に首を絞められてる。


私にできることは信じることだけ。
ずっと怖かったあの日々から、もう解放されたい。

忘れてしまった

いろんなこと、忘れてしまったから
いろんなことができなくなった。
わからないことだらけで、不安定だ。

もっといろんなこと信じられるようになりたい。

たいしたことじゃないとは

たいして重要ではない、ということ。


心底そう思うんだけど、

誰かに許可を得る必要もないし
なんだっていいじゃないかって。
乱暴に聞こえるかもしれないけど、うん。

かたちにすること

言葉にすること


それはたいしたことじゃない。

すきま

楽器を弾いたり吹いたりするときってひじょうに「呼吸」が大切で
特に誰かと演奏するときは呼吸が合図だったりするわけです。

私はサックスという、わりとでかめの楽器を吹くことが多く
それが大好きです。

サックスを吹くことの魅力というか
サックスを吹いていて好きなことがあって
楽器から直にビリビリと「鳴ってる」ことが感じられることとか
ひとの声に近い音域で、歌うみたいに自分の意思を表現してくれることとか
いろいろあるんだけど。

いちばん好きなのは、呼吸と呼吸の「すきま」。

息を吸って、吐き出すまでのすきま
吐き出してから、音が出るまでのすきま。

それを感じる瞬間が好き。
それを余裕を持って感じられるようになるまで時間はかかったけどw
そしてまだまだだけどw
指動かしてばっかりの曲ではままならないけど!w


ブログでもそうだし、本でもそうだし、楽譜でもそうだけど
行間や休符にもちゃんと意味があると思っていて
それと同じように、私は「すきま」にも意味がちゃんとあると思っている。

だから、そのとても短い時間
自分が息を吸って、吐き出して、音になるまでのその一瞬に
一番耳を澄ますようにしている。
そしてそれをとても大切に思っている。

それは、空気の温度を聴くこと。
聴いてくれる誰かの気持ちを聴くこと。
自分の声を聴くことで、楽器の音を聴くこと。

すきまを意識すると、これだけたくさんのことが聴こえる気がするし
その分だけいろんなことを音に乗せられる気がする。

一緒にいる時間が長い分、私はそれをアルトで一番強く意識できるし
アルト(というかボブ)が一番応えてくれる。

上にも書いたけど、すきまを感じるにはあまりに速くて運指が大変な曲は難しいので。
これが私のダメなところだけどもw
ゆったりした曲を吹くことが好きな理由もこの「すきま」にある。



この「すきま」はいろんなことに共通すると思う。

形や言葉で表現しきれないものや気持ちや
なんやらかんやら
その、いろんな「すきま」に乗せられるといいなと思う。
それだけですべてを伝えることは難しいけど。




行間、休符、沈黙

途絶えたとしても、途絶えない。
こころの中に息づくもの。
大切なものはほんとうには途絶えない。
それは、一瞬の永遠
永遠の一瞬。

そんな風に感じる。

*profile*

アサミ

Author:アサミ
*love*
music/books/haruichi SHINDOU

*category archive*
*coments*
*monthly archive*
*counter*
*rink*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。