スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dolcecantabile

羽根みたいに軽いことばがこぼれそうになった。

喉まで出かかって、そのまま飲み込んだ。


怖かった。
私の気持ちはそのことばひとつで表せるものじゃないから。
スポンサーサイト

no title

調子がわるいのでしばらく放置してください

あーああ

どうにかなってしまいそうだ。


どうにでもなってしまえ。


どうせ未来なんて見えなくて、わからなくて
不確かなんだから。

だから、今を生きてるんじゃないか。

読了

9月が永遠に続けば


止まることなく一気に読んでしまったが
ガチでこんなことしてる場合じゃない…仕事せねば…

いちばん愛しているもの

私がいちばん愛しているものは、音楽だ。

音楽以上に愛せるものはこの世界にない。


私は、愛のほんとの姿を見たことがない。

だけど私の中にあふれるこの気持ちは、愛という言葉でしか表現できない。


音楽はずっと一緒だった。
小さな頃から、今だって。
音楽だけが本当の私を知ってる。
私を見ていてくれた。
いつでも私に寄り添ってくれた。


音楽は、私の中にある「確かなもの」だ。

忘れていた。
私がいちばん大切に思ってきたものはこれだ。



一瞬で消えてしまう
いつか終わってしまう
どんなに願っても
空気を震わせて、おわりだ。
二度と同じ音楽は奏でられない。
永遠の一瞬だ。

だけど忘れない。
少しも色褪せない。

それは、音楽が世界一美しいからだ。

誰かと奏でる音楽が世界一美しいからだ。




ごめん、私、全然納得できないよ。
一年以上経ってもまだ、全然納得できない。
ちゃんと私のところに、お別れに来てくれたのに、ごめん。


どうして先に行っちゃったの。
どうして私たちを置いていっちゃったの。


なんで。

私は、私は
私の音楽は、世界一美しい音楽は
あの一瞬だった。

何にも代えられない、私の大切な宝物だ。

ぜんぶそろって宝物なのに
ダイヤが欠けたらだめじゃん。

おかしいじゃん。

悔しい。
悔しくて仕方ないけど

大切なこと、思い出させてくれてありがとう。

ありがとうさえ、伝えられないなんて。


やっぱり悔しい。

過去

過去になれば、その瞬間をピークに、すべての感情は落ち着いていく。

だから私は時間を信じている。

だけど、過去の自分が感じた思いはいつまでも消えなくて
今も私を混乱させて私は進めない。

私を縛り付けているのは私自身。

すべて私の中に答えがあるの?

それなら、私の中に幸せがあるの?


私に見えているのは、ただ守りたい人だけ。

守りたいから、近づけない。
守りたいから、踏み出せない。

私にできることは
私がすべきことは何。

私自身が、私自身から見つけださなくちゃいけないのかな。


疲れるんだすごく。
もう傷つきたくない。
もう誰も傷つけたくもない。

私のまわりには、私より大切なものばかり。
私より大切な人ばかり。


私さえいなくなれば
その大切な人を守れると思うの。
私さえいなければ

何て言われても

結局他人事だよね

あーあ

例えばこの場所から何も生まれなくても

留まっていたいと思うのはなんでだろう。

過去と自分が、私を邪魔する。
私が私を邪魔する。

この瞳を曇らせているものは私自身だ。

まっさらに、まっしろになりたい。


そうしたらもっと楽に生きられるのかな。
またすぐに、汚れてしまうのかなぁ。

穏やかな海みたいになりたい。

そんな風に思った。

なんで

私こんな風になっちゃったんだろう。

もう、本当に嫌だ

私は

無力なただのバカだ。


私には何かを変えることなんてできない。

そんなことはとっくに知ってたのに
なんで何とかしたいと思っちゃうんだろう。

人の心を動かすことなんて私にはできない。

勝手なこと言って人の心に土足で踏み込んで
痛いとこばっか突いて苦しめて
追い込んで崖から突き落として
最低だ。


自分が何してるかわかっている。
何しようとしてるかわかってる。


それ以外のことがわからない。


大切なものってなんだ
私の大切な人って誰だ
全然わからない。



自分が最低だってこと
たくさんはしゃいで、今日がとても楽しかったこと
ひとの背中がとても暖かったこと
誰かの匂いを近くに感じて安心したこと
だから今がひどく寂しくてつらくて
誰かにそばにいてもらいたいこと
でもそんなこと言えないこと
薬に頼らないとまともな生活を送れないこと

悲しくて仕方ない。


誰か私を愛してほしい。

傷付くのが怖くて誰も愛せない私が言えることじゃないのに

とらえる

朝を
明日を
昨日になった今日を

耳が目が
匂いが

手を伸ばしても空を切るけど

終わる今日と
始まる今日の
古くて新しい狭間に触れてみたい。


夜でも朝でもない今この瞬間を
切り取っておきたい。


どうしてもとらえられない

夏と秋の真ん中。

確かなもの(こと)

お友達の名言
「コーヒーは苦い。チョコレートは甘い」


私は生きている。


私は1時間前に眠り損ねた。


おやみなさい。
*profile*

アサミ

Author:アサミ
*love*
music/books/haruichi SHINDOU

*category archive*
*coments*
*monthly archive*
*counter*
*rink*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。