スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やばい(笑)

いろいろいろいろ相まってだめだもう
きもちわるいよ
試験の合格どころじゃない
自分の健康を維持することを第一に考えないと

今までは大丈夫だったものももうだめだ
倒れたくないから
自分の健康を一番に考えないと
スポンサーサイト

ねむれない

ねむいんだけどー。

おいしい焼き肉を食べ帰宅
それでもなにか食べたい今も。

チョコレート、というかたけのこの里
ロールケーキ
生クリーム
ピーナッツバター

ああああ
吐くまで生クリームを食べたい。

きもちわるい

ぐるぐるぐるぐる
いろんなかんじょうが私のなかに渦巻いて
吐きそうだ。

眠れないからだがかゆい
おかしくなってしまいそう。

どうしてわたしはまだたってられるんだ
ふしぎです

そうなんだ

環境が変わって約一週間。

まぁいろいろと見えてくることもある。

まず、この学校には、一年間 馴染むことは不可能ということ。

次に、私の気持ちなんてすぐに揺らいでしまうものだということだ。

もう自分には心底がっかりしたね。

だけどあれだけのことのあと
これだけレスポンスのない
会えない人に
今までと同じ気持ちを抱けないのは
仕方ないんじゃないかと
自分をフォローしたり。

応えてもらえないことに疲れたよ。
頑張ることに疲れた。
はっきりしない曖昧のままさ
このまま思い続けて
いつものように何も言われないまま
結婚でもされたらと思うと
このまま思い続けることが意味のあることだなんてもう思えないんだ。

何が最善かわからない。

こんな私を、軽いとでもだらしないとでも
薄っぺらいとでもそんなもんだったとでも
どうぞ好きなだけ、皆さん嘲ってよ。


だけどね
もうひとつわかったことがあって
それは、私はやっぱり、これから先、彼以上に誰かを好きになることはもうないということ。

誰かをいいなって思って
その人とお付き合いして
結婚することになったとしても

これ以上の気持ちで好きと思えない。
失礼な話だけど
ほんともう、疲れちゃったんだ

こんなんばっかですいません。でも

やっぱり言いすぎた。
だけど思い返してみると、言わなきゃいけないことだった気もするし
あの言葉を求められていた気もする。

実際わからないんだろう。
でも心のどこかで私に核心を突いて欲しいと願っているのは本当だろう。

だって私が言わなければずっと目をそらし続けるのでしょう。

でも自分の中の真実を見てみたいのでしょう。


あんなにもまっすぐに自分の矛盾を認め
私の問いに向き合い考え
はっきりと、理解して欲しいと言って
私の目を見て、自分の中で何かが揺らぐのがわかると、そしてそれが怖いと言って

でもそれが見てみたいと言った。


追い討ちを求めるならどこまでも応えるけど
そこから先、どうするかは彼次第。

ここまで来て逃げるなら、そこまでと諦めるよ。


その棘だらけの蔦をほどくことができるのは私だけ。

それくらいのことは
もうわかっているだろう。


だから私は謝らない。


だって
わからないから会うべきではない
なんて言って逃げようとするのは
彼が危惧することが起きるからに他ならないからってことに気付いた。
それが起きるのを恐れているから。

それが起きるから、
これ以上私と近付いてはいけないと
自分の中の誰かが
警鐘を鳴らしている、という
彼の言葉を裏付けているじゃないか。



彼が恐れているのは、真実が見えること。

自分の中の、本当の自分が自分を支配すること。

それは、今まで信じてきた生き方を覆すこと。

誰かを本気で好きになったりしないはずの自分が
私のことが好きだと気づくこと。


私は謝らないよ。

ここから先は自分で決めて。


逃げるなら逃げれば。
好きにすればいいよ。


踏み出してくれたら

だめ

またうなされた。

私だって自己嫌悪している。

どうなるんだ。

今度こそ終わりなんじゃないの

余計なこと言わなければよかった

だって彼はこうなったとき自分から連絡してくる人じゃないし

私はもうどうやって歩み寄ったらいいかわからない。

朝起きると、言わなきゃよかったってものすごい後悔に襲われて

一緒に話して楽しかったことばっかり思い出して

でも友達なんて言葉で誤魔化されるのが死ぬほど嫌。

わからないなんて言うくらいなら好きじゃない会いたくないって言えばいいのに
それが言えないことが何よりの答えだし

納得できないんだよ。

このまま終わるなんていや。

大切な人を。

でもどうしたらいいかわからないし
自信もない。

ただ毎日を
あなたが来ない職場で
ただやり過ごすだけ。

それさえもこんなにつらいなんて
私はどうかしてる。

同じように気づけばいい。

あー

うなされた。

でも、ごめん言いすぎたと言うのは違う気がする。

言いすぎたのはたしか。

ぜんぶわたしのせい。
*profile*

アサミ

Author:アサミ
*love*
music/books/haruichi SHINDOU

*category archive*
*coments*
*monthly archive*
*counter*
*rink*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。